出展者情報:エタニ電機(株)

本社住所
〒143-0011 東京都大田区大森本町1-10-15
URL
http://www.etani.co.jp
出展部門 / ホール / 小間番号
プロオーディオ部門 / ホール4 / 4509
出展予定機種
[エフェクタ(ハード、プラグイン)] [アクセサリ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブースの見どころ

エタニ電機株式会社は、音響用測定器と信号処理装置を開発・製造しています。 ・デジタル信号処理技術 ・音の測定や分析 ・音響信号の加工 において優れた技術を持っています。 ハード・ソフトを一貫して開発し、実用的システムを提供します。 音の測定器は、スピーカやマイクロホン等オーディオ機器の評価や音場調整に幅広く使われています。 音のプロからパーソナルユーザーにまで対応するオーディオ・サウンド・アナライザ (ASA-10mk2/ASAmini)で、良い「音作り」にも貢献しています。

出展製品

ASA mini オーディオ・サウンド・アナライザ

ASA mini オーディオ・サウンド・アナライザ
いつでも・どこでも測定ができる究極のスタイルを実現したiPhone・iPod touchバージョンです。
ASAシリーズの測定・分析技術が凝縮されています。
エタニが提供するF特の校正データ付マイクロホンを併用すれば、プロも満足できる精度が得られます。

測定項目~アプリの種類~
1.リアルタイムスペクトラムアナライザ(有償版・無償版)
 1/1・1/3・1/6オクターブバンド
 有償版は保存件数が自由です
2.スピーカ極性判定(無償版

ASA-10mk2 オーディオ・サウンド・アナライザ

ASA-10mk2は、低価格・高信頼・高精度のオーディオ・サウンド・アナライザです。
従来品より帯域2倍・分解能24ビットで小型化されました。
PCのUSBバスパワーだけで動き、音の再生音場特性がその場で簡単に測れます。
電気音響・建築音響の広い分野をサポートするオプション解析ソフトもあります。

主な機能
1.同時2チャンネル測定
2.リアルタイム・スペクトラム・アナライザ:1/3、1/6、1/12オクターブバンド切替
3.サインスイープによる精密測定
 インピーダンスアダプタ(別売)利用によりインピーダンスカーブの測定も可能
4.インパルス応答測定でタイムアライメントや音響空間の特性の分析可能
5.複数グラフの重ね印刷が可能

オプション・ソフトウェア
1.FTT分析
2.ソナグラフ
3.残響パラメータ
4.MTF/STI
5.IACC
6.RCC

S-255 スピーカ検査装置

S-255スピーカ検査装置は、ビリつき等の異常音も測れる生産ライン用のシステムです。
スピーカに要求される全ての特性を短時間(1~2秒)で自動測定します。
携帯携帯用の小型スピーカから大型のHi-Fi用まで、広範な目的に利用できます。
ステレオヘッドホン用の2ch版もあります。
デジタル信号処理技術とハードの簡素化で、低価格を実現しました。
高精度な分析をリアルタイムで高安定に実行します。
QC用の生産ロット管理ソフトの用意もあります。

イベント情報

「測定とリンクした音場補正システム-レベルと位相のF特を同時に調整-」

実施日 : 11月14日(木)

エタニ電機で永年にわたり開発してきた、FIRフィルタを用いたシステムの進化した形をご紹介するものです。
その場でインパルス応答を測定して補正し、補正前後の音を比較・試聴してもらいます。
レベルと位相の周波数特性を同時に調整することを特徴としています。

開催日時:11月14日(木)14:30~15:30
場所:7ホール プレゼンルーム