本文へ

【Inter BEE 2011木村太郎氏が語る】「ホワイトスペース&Inter BEE」への期待

Inter BEE 会場における、フリーランス・ジャーナリスト・木村太郎氏自らが社長を務める湘南ビーチFMブースにおいて、実用化の段階に入ったホワイトスペースへのさらなる期待、今後のInter BEEへの期待について語ったインタビュー映像です。

木村太郎

木村太郎
ジャーナリスト

1938年、合衆国カリフォルニア州バークレイ市生まれ。41年、日米関係悪化とともに帰国。
64年、慶応義塾大学法学部卒業、NHKに入社。記者として神戸放送局、報道局社会部に勤務する。
74年からベイルート、ジュネーブ、ワシントンの特派員を歴任。82年2月に帰国し、「ニュースセンター9時」のキャスターを6年間務める。
88年、「ニュースセンター9時」終了とともにNHKを退社、木村太郎事務所を開設しフリーランス記者として新しいスタートを切る。
90年からFNN「ニュースCOM」でキャスターを、94年からFNN「ニュースJAPAN」、2000年からFNN「スーパーニュース」でニュース・アナリストを務める。
86年「第12回放送文化基金賞」受賞、88年には、国際報道を通じ、国際理解に貢献したジャーナリストに与えられる「1987年ボーン上田記念国際記者賞」を受賞。
93年 逗子・葉山コミュニティ放送㈱開局時より 代表取締役社長。